どんなビジネスでも成功する手法を公開!!誰でも簡単に使える方法

Pocket

こんにちは!

わたりゅーです。

 

 

何かビジネスをしようと思っても成功する確率は極めて低いと言われています。

起業しても失敗する確率は

 

10年生き残れる企業は約6%

 

とかなり低い数字となっており、それが原因で自己破産や多額の借金を背負う人もいます。

 

 

ですが、憶することはないと思います。

しっかりとしたビジネス手法を身に付け、戦略を練れば成功できます。

 

 

今回は誰でも使える成功しやすいビジネス手法を記事にしたので参考にしてください。

 

利益率が高く、少ない資本で始め、維持費を抑えることを念頭に置く!

 

kschneider2991 / Pixabay

 

まずビジネスをする上でリスクをとることが当たり前ですが、そのリスクを如何にして抑えるのか考えていかなければならないのです。

 

 

リスクをとらない、つまり行動しないことはそもそも良い結果も悪い結果も出ません。

なので、低リスクを意識することで売り上げを上げるのかが重要になってきます。

 

 

その意識することが

 

利益率が高いこと

少ない資本で始められること

維持費を抑えること

 

です。

 

自分のやりたいビジネスが多少の資金が必要となっても、その業界の中でも余計な出費を減らす努力をするのです。

しかし、

 

どでかいことをやるにはどでかいお金を投資せねば!!

 

と言う方もそれも良いですが、まず大きな出費が発生する前にその業界の市場規模や、起業したら平均でどのくらいのコストが発生するのか調べたり経験者に聞いてからでの行動を推奨します。

 

 

原価率は約30%にし、回転率にこだわる

 

Ben_Kerckx / Pixabay

 

基本的には原価率は約30%にすることです。

原価率とは

 

売り上げた商品にかかった材料費の合計

 

となります。

 

原価率の計算式は

 

売上原価 ÷ 売上高 × 100 = 原価率

 

です。

 

原価率が高すぎると在庫ロス等のトラブルに繋がる可能性が高まります。

勿論、それでも原価率が高くても構わないのですが、そこにちゃんとした戦略があるなら・・・の話になります。

 

 

例えば飲食店経営だと、原価(良い食材)が高い分回転率を上げる工夫をします。

敢えて行列ができるような店舗設定をして、一消費者が行列を見て

 

他にも待っているお客さんがいるから早く店から出なきゃ

 

という心理状態にすると食事を早く済ませ、すぐに店から出るのでかなりの回転率を上げることができるのです。

 

こういったマーケティング手法も活用してみるのもいいと思います。

 

フロントエンドとバックエンド手法を使おう

 

geralt / Pixabay

 

ビジネスで成功するための必須条件として、フロントエンドとバックエンド戦略です。

 

フロントエンドとは 

 

見込み客に対し、最初に販売する商品をいいます。

質よりも量を重視

 

 

バックエンドとは 

 

フロントエンドで購入してくれた消費者に対し販売する商品をいいます。

量よりも質を重視

 

なぜフロントエンドとバックエンドを活用するのかというと、消費者が商品を購入するには

 

本当にこの商品大丈夫なのか?

 

と考えていることを理解しましょう。

 

商品は機能性も大事ですが、その会社が信用されているのかも大事になってきたりします。

なので、フロントエンドでまず無料もしくは低価格で商品を提供し、消費者に信頼してもらったり集客をするのです。

 

 

次にバックエンドで買ってもらいたい商品を販売します。

すると見込み客は少し割引を効かせたバックエンドで販売したら買いやすくなるのです。

 

フィットネスジムで例えると、毎月の支払いで初月だけ無料でトレーニングができて、次月から通常価格もしくは、少しキャンペーン価格でサービスを提供して継続を促す流れですね。

 

まとめ

 

Free-Photos / Pixabay

 

ビジネスで成功を収めるのは簡単ではありませんが、この上記の手法を駆使していただけたらと思います。

あとはモチベーションですね。

 

 

ビジネスはまずは自分がワクワクすること、そして顧客満足度を上げることを考えていきましょう。

 

 

また体験を売るマーケティング手法も載せますので参考にしてください↓↓↓↓

 

ただモノを売るな!物だけ売る時代は終わり。今後は体験を売るべし


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です