やりたいことが見つからないあなたへ!自分探しの方法

Pocket

こんにちは!

わたりゅーです。

 

 

今の時代では、昔とは違って

 

やりたいことをどんどんやれ

 

という風潮がありますよね?

 

しかし、逆にやりたいことが見つからない人も大勢いる現状でもあります。

そう思っているあなたにおすすめする記事を書いたので読んでやってください。

 

 

やりたいことを必ずしも見つけなくてもいい

 

roakley1 / Pixabay

 

無理に自分がしたいことを探すのはとても疲れると思います。

周りの人がやりたいことを見つけていたとしても、それはあなたとは関係のないことです。

 

 

また

 

 

私は何をしなければならないのか?

 

 

と自分の存在意義を探しに世界一周の旅へ出る人もいるくらいです。

その旅で見つけられればいいのですが、見つけれずに帰ってくるなんてことだってあります。

 

 

なので肩の力を抜いて発見できればそれでよし、まだ発見できていない場合でも自然体で良いと思います。

大事なのは、今あなたが幸せなのかどうなのかということです。

 

 

色んな本を読むこと

 

Comfreak / Pixabay

 

本を読むことは自分の世界が広がります。

何故なら本とは作者の経験考え方が書き記してあるので、自分だけでは得られないストーリーが網羅されているからです。

 

 

本を読めば実際に自分に興味があることについて更に知れたり、今まで興味がなかったことだったのにドハマりしたりします。

因みに僕は本を読んでやりたいことを見つけました!

 

 

更に状況に応じてアイディアが浮かびますし、語彙力が上がります。

こういった知識が身に付くのでメリットしかありませんね。

 

 

体験していないことをしてみる

 

_Alicja_ / Pixabay

 

自分探しの方法として今まで体験していなかったことをすることです。

やりたいことが見つからない理由にその体験を経験したことがないから・・・があります。

 

 

野球をしたことがない人に野球がやりたいことになるわけないですよね?

野球をやってみてそれが本当に「これだ!!」となるかもしれません。

 

 

それは本人が実践してみないと分からないのであります。

だから色んな挑戦をして見識が広がれば、選択肢が増えるので自分のしたいことの発見に繋がります。

 

 

具体的な方法

 

FirmBee / Pixabay

 

ステップ1

まずノートか紙を用意する

 

ステップ2

自分が少しでも興味があるとか、やってみて嫌じゃなかったを書く

 

ステップ3

ステップ2についての本を読む

 

ステップ4

ある程度知識が付いたら実際に行動に移す

 

 

このステップ1~4まで挙げましたが、自分にフィットするやり方で大丈夫です。

 

興味があることややってみて嫌じゃなかったことが全くありません!

 

という方はまず本を読んで探してみてください。

それでなんとなくでもいいので目に留まったものでも読むことです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

やりたいこと見つけるのは非常に難しいです。

 

 

自分自身に問いかけ、行動を起こすしかないのです。

新しいことを色々とやってみて模索することが一番の近道だと思うので地道に探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です