筋トレをすることで脂肪を燃焼できるのか?脂肪燃焼に効果的方法

Pocket

 

この記事で伝えたいこと

・基礎代謝を上げることで痩せやすい身体を目指せる

 

・有酸素運動と食事制限の必要性

 

・有酸素はランニングだけでなくても効果は出る

 

・有酸素運動と筋トレのバランスで痩せられる!?

 

 

 

こんにちは!

わたりゅーです。

 

 

筋トレで本当に脂肪を燃焼することが可能なのかをこの記事で書いています。

ただがむしゃらに筋トレをしても中々効果が出ないのでダイエットしたい方はこの記事を見て参考にしていただければと思います。

 

 

筋トレで基礎代謝を良くして脂肪燃焼を狙う

 

筋トレをすることで筋肉が増強しますので基礎代謝が良くなります。

 

基礎代謝が良くなれば痩せやすい身体を目指せます!!!

 

だからといって筋トレさえすれば脂肪を燃焼できるというわけではありません。

 

 

 

 

確かに筋トレをしまくってめちゃくちゃ汗をかけば痩せるかもしれないです。

しかし筋トレは筋肉をつけることになりますので痩せるどころか筋肉が増強され体重が重くなる可能性が出てきます。

 

たまに相談を受けます。

 

筋トレをしたのに2キロ太ったぁー!!!

 

せっかく筋トレをしているのに逆に太るとかあるあるなわけです・・・

なので筋トレで基礎代謝を良くしてから有酸素運動をしますよー!!

 

 

有酸素運動と食事制限で脂肪を燃焼する

 

脂肪を燃焼するために必要なこととして摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くならなければなりません。

つまり食事で摂取するカロリーよりも運動をしてカロリーを消費するってところが大事でして、ある程度食事制限をしながら有酸素運動が求められるんです。

 

これ簡単にいいましたけど、これこそがとてもキツイこと・・・

 

なので自分が嫌でない有酸素をしてほしい!!

絶対に走らないとダメですよ~ってわけなくて、ランニングやウォーキング、サイクリング等なんでも大丈夫です。

ぶっちゃけランニングが一番痩せるとかその他の有酸素運動はあまり効果がないとかそんなことありませんから!

 

ですから

 

とにかく自分ができそうな運動をすること

 

これだけを考えてください!!

余計なこと考えると

 

これ合ってるのかな~?

 

って考えに至って辞めちゃいます。

これ僕の経験談です!!

 

 

では有酸素運動はなんでもOKと分かったところでトレーニングのプロセスをお伝えします。

僕のおすすめとしましては、まずは最初に

 

ストレッチをする

 

ストレッチで身体をしっかり伸ばします。

ストレッチは怪我をしにくい身体作りと筋トレばかりすると可動域が狭くなるのを防ぐのです。

(可動域が狭まると筋トレの質が落ちる)

 

次に

 

自分の引き締めたい部位を筋トレします。

 

これは筋トレをすることで体内の糖質を落とします。

 

それから

 

自分のできる有酸素運動に励む

 

筋トレで糖質を落としてからの有酸素運動はとてもダイエットに効果があって活かされます。

 

 

今の筋トレで中々効果が出ていないのでしたら試してみてください。

 

 

脂肪を燃焼するには筋肉と脂肪で考える

 

脂肪を燃焼するには筋トレで筋肉増強、有酸素運動で脂肪を燃焼すると考えてください。

この二つを頭の片隅に入れておくことで間違った運動はしません!!

なので筋トレをすればそれでいい、有酸素運動だけをすれば効果が出ると偏った考えは払拭すること!

 

 

このバランスを知っておきましょう。

 

 

有酸素運動8~9割、筋トレ1~2割で脂肪を燃焼しよう

 

前記で挙げたバランスなんですけど有酸素運動が8~9割、引き締めたい部位の筋トレ1~2割くらいが望ましい!!

なので引き締め、ダイエットの場合は有酸素運動がメインと覚えておきましょう。

因みに有酸素運動は早いスピードや重い負荷を短時間でやると筋肉増強になってしまいます。

 

 

だからゆっくりなスピード、軽い負荷で時間をかけてすること。

また逆にただ筋肉を大きくしたい人は筋トレ8~9割、有酸素運動1~2割、もしくは有酸素運動をしないことに徹する!

筋トレさえしていれば筋肉が増強されてたくましい身体になれます!!

 

 

まとめ

 

筋トレや運動をするにもちゃんとバランスや手順があります。

成果が出るのは時間がかかると思いますが、諦めずに継続していただければ脂肪を燃焼することができます。

だから脂肪を燃焼しても結果に出ない人はこの方法をしてみれば何か変わるはず!!

筋トレがしたことがない人でもこれを機に始めてみてはどうでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です