簡単にしっかりとした睡眠をとる方法とは!?運動をすることで睡眠の質を向上しよう

Pocket

この記事で伝えたいこと

・睡眠をしっかりとるには運動が必要

 

・羊を数える方法等考えることはNG

 

・環境も睡眠に影響をきたす

 

 

 

こんにちは!

わたりゅーです。

 

 

睡眠をしっかりとれずに疲れが溜まったまま会社に出勤して全然仕事に身が入らず、また

 

寝なければやばい!!

 

と思っても逆に興奮してしまって眠れないなんてことありますよね。

 

僕は警察官として仕事していたので、仮眠時間(約2~4時間程)あります。

この仮眠時間で必ず寝ないと急な事案があってもカラダが疲れたままキツイ思いをしました。

集中力も低下しますし、かなりまずいって思いましたね・・・

 

 

そこで僕はどうやったらしっかり睡眠をとれるのか!?自分の身体で実験しました!!

 

 

しっかりとした睡眠をとるには運動をすること

 

結論から言うと僕が一番睡眠をとれたと感じられたのは運動をすることでした。

何故なら

 

運動をすることで身体が疲労する!!

 

から!!

これって単純思考だと思う人がいるとは思いますが、とても重要なことでして身体を使わないとエネルギーが有り余っている状態になっているんですよ。

なのでカラダにエネルギーがあったら中々眠ることはできませんよ?ということ。

 

 

例えば事務の仕事をしている人の場合では、目と精神面が疲れるとは思いますが身体は疲れていないですよね。

何故なら事務の仕事ってカラダよりもパソコン業務が多いからです。

逆に肉体労働をしている人の場合は精神面よりもカラダに疲労がたまっているので即効ベットで眠れたりするんですね。

 

だから運動をして身体に疲労感を与えればいい!!!

 

 

運動は疲労感を与えてくれるだけではなく心を落ち着かせる作用がある

 

運動って身体を疲れさせますんで質の良い睡眠にしてくれるし精神面にもポジティブな影響を与えてくれます。

また心を落ち着かせるホルモンが分泌されますのでこれも睡眠を助けてくれるのです。

 

 

僕も心が落ち着いたせいか今日はがっつり眠る日だ!!って決めたら一日昼寝と夜にも眠れるくらいですからね!ww

つまり今まで中々眠れなかった僕でも秒で眠れるようになりました。

むしろ寝過ぎて大丈夫か!?って思うほど!!

 

 

羊を数える方法は睡眠を妨げる逆効果にもなりえる

 

これは有名な手法ですね。

 

羊が一匹~羊が2匹~・・・

 

と想像するのは、考えることになりますので逆に脳を興奮状態にする可能性が睡眠を妨害をするのでは?と思います。

 

この実験では羊が200匹くらいで断念して終了でした!

 

なので考えるというよりも、何も考えないという無心の状態であることが望ましい。

しっかりと深呼吸をしたり心を落ち着かせるのが良いですね。

 

 

夏は涼しく冬は暖かい温度でゆったりできる環境設定

 

あとは温度調節をしっかり管理するということですね。

少しでも居心地悪い環境になると睡眠にも影響しますので注意しましょう。

 

 

僕も常に快適な温度を保っています!

暑い時はがんがんの冷房を!!寒い時はがんがんの暖房を!!ww

 

あとは布団をザラザラのやつではなくて、触り心地の良い素材にするといいです!

 

 

まとめ

 

質の良い睡眠をとるには運動と快適な環境作りに徹することです。

睡眠について悩んでいる方はこれを機に軽い運動からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

効果は人それぞれだと思いますが、一つの方法として実践したら効果があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です