筋肉をつけるには炭水化物は必須!?炭水化物が筋肉に与える効果

Pocket

 

この記事で伝えたいこと

・炭水化物の重要性

・炭水化物とたんぱく質のバランスが大事

・炭水化物のメリット

 

こんにちは!

わたりゅーです!

 

突然ですが、筋肉をつけるには炭水化物は邪魔者!!!

と思っていられる方おられませんか??

 

確かに炭水化物の摂り過ぎは脂肪が増えてしまいますが、ちゃんと活用さえすれば効率良く筋肉をつけることができるので、それを下記にてお伝えしますので炭水化物の必要性を感じていただければと思います。

 

炭水化物は筋肉増強にとても大事なもの!!

lukaszdylka / Pixabay

 

 

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものをいいましていわばエネルギーなんです。

例えば今まで70キロの重量でベンチプレスをやっていたのが、今日は60キロしか上がらないんですけどってことがありますが、その原因が炭水化物不足ってこともあります。

 

炭水化物不足は筋トレだけではありません。

パフォーマンス全てに繋がるということを忘れてはならないです。

 

僕も柔道の試合の時は必ずコンビニのおにぎりでもいいので、緊張してお腹が減っていなくても無理やり食べてましたww

一回比較したこともあるんですが、やはり何も食べずに試合に出たときは1分くらいでくったくたでした・・・

そのおにぎりを食べたときは2分までくたくたにならなかったです!!(結局くたくたなんかい!!ww)

 

でも柔道は全力を出し切る武道なのでそれが1分伸びるのはめちゃくちゃ効果があると思いました。

 

まぁこうして炭水化物は筋肉に影響を与えるので、自分に負荷をかけるトレーニングがしたい時はしっかりと炭水化物を摂取してトレーニングに望むことです。(僕的にも重たいものを全力でやれば効果がでやすいと思います!!)

 

 

また、糖質=太ってしまう成分と解釈されている方もおられますが、筋肉の分解を防いでくれる作用があります。

人は筋肉を分解する働きと筋肉を構築する働き両方同時に働いていまして、たんぱく質の摂取も大事ですが炭水化物をとることでそのエネルギーが筋肉を分解する働きを防いでくれるんです!!

 

しかもそれだけではなく、炭水化物先生(先生になってるし!!)は摂取後インスリンというホルモンを分泌されます。

これがどう作用するかといいと、たんぱく質って全てが筋肉の材料にならないんですよ!

なのでこのインスリンがしっかり摂取したたんぱく質を筋肉へと繋げてくれるので筋肉のつきやすくなります!!

筋トレ時には炭水化物を摂取することおすすめします!

 

痩せたい場合は炭水化物を少なめ、たんぱく質を多めにして引き締まった筋肉を!!

 

 

上記で炭水化物の話をしましたので、必要な成分だと分かったと思います。

たんぱく質を全く摂らないことだけはやめておきましょう。

なので低炭水化物、高たんぱく質にして質の良い筋肉をつけるんです!!

 

これと筋トレ(メインは有酸素運動ね!!)をプラスしたら引き締まったカッコいい筋肉を目指せます。

大きいカラダを目指す場合は、高炭水化物に高たんぱく質を摂れば大丈夫です。

因みに僕の憧れている人は、暇があればおにぎりを食べているくらい炭水化物摂ってますからね!!(これには僕も驚きました!)

 

たんぱく質を多く摂取したいならプロテインを活用しよう。

プロテインの利用は炭水化物の摂取ととっても相性が良い!!



 

炭水化物は敵ではない!!メリットこんなにある!!

juemi / Pixabay

 

 

炭水化物はメリットがいっぱいありまして、

 

疲労回復

免疫力強化

頭の回転を良くする

血糖値の安定

 

等々、筋肉だけではなく様々なメリットをもたらしてくれます!

だからといって、過剰摂取は太っちゃうのでバランスを考えて摂取しましょう。

 

まとめ

 

炭水化物をバランス良く摂取すればカラダに好影響をもたらします。

今回の記事ではたんぱく質を最大限に活かすには炭水化物が必要と覚えておいてください。

引き締めの筋肉を作るには低炭水化物に高たんぱく質、大きくたくましいカラダを作るには高炭水化物に高たんぱく質を摂取することです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です