警察官になるには高卒でも可能!?高卒で警察官になった僕が教えます

Pocket

この記事で伝えたいこと

・警察官採用試験受験資格

・警察官採用試験内容・気を付けるべきこと

・筆記試験をクリアすれば楽になる

・高卒で警察官になるメリット

 

 

警察官は高卒でもなれる

cocoparisienne / Pixabay

 

こんにちは!

わたりゅーです!

 

今回は高卒で警察官になりたい人、又は警察に興味がある人に向けての記事です。

結論から言いますと高卒でも警察官にはなれます!!

交番若しくは警察署に警察官になりたいですと一言申し出すれば願書という書類がいただくことができます。

 

その願書を記載して、交番もしくは警察署に持っていくと願書の受理が完了です。

あとは受験番号の記載された書類が自宅に届くので、指定場所での試験が開始されます。

 

警察官採用試験の受験資格

TeroVesalainen / Pixabay

 

以前は30歳まででしたが、変更で35歳未満高校を卒業、又は18歳以上の高校卒業見込みのある人。

 

【身長】

男性はおおむね160㎝以上であること、女性はおおむね154㎝以上であること

【体重】

男性はおおむね48㎏以上であること、女性はおおむね45㎏以上であること

 

 

この身長と体重はあくまでもおおむねなので正直気にしなくてもいいです!

これが理由で諦める人がたまにいるのですが、警察官で明らかに規定値に達していない人もいますので受けてもみるだけ受けてみましょう。

 

【視力】

裸眼視力両眼とも0.6以上、又は矯正視力両眼とも1.0以上であること

【色覚・聴覚】

警察官として職務執行に支障がないこと

【その他身体の運動機能】

警察官として職務執行に支障がないこと

 

警察官採用試験(大卒・高卒)

lil_foot_ / Pixabay

 

それでは警察官採用試験についてです。

 

警察官の試験って難しいんじゃないの!?

 

と思われている方もいますが、そこまで難しいものではありません。

そもそも採用基準が30歳までだったのが、35歳まで引き伸ばしたということは人手不足もあると思います。

 

あと警察官ってあんまりなりたい人もいないかもしれませんww

僕が警察官の時に友達と話していたら、

 

警察官だけはやりたくないなーー

 

と色んな人に言われたことがあります。

やはり楽ではない勤務なのでやりたくない人もいるということです!!

 

それでは警察官採用試験に入っていきますが、僕が覚えていることを限りを書いていきますが、もしかしたら足りないところがあるかもしれないのでご了承ください。

 

警察官採用第一次試験(大卒・高卒)

 

【筆記試験】

国語、数学、英語、政治、社会、法律、経済、判断推理、文章理解、数的推理、資料解釈、図形判断、人文科学、社会科学、自然科学等の問題が50問にして出題されます。

制限時間は2時間で五者択一になります。

【論文試験】

試験官から出されたことについて論文を書きます。

制限時間は1時間20分です。

 

 

警察官採用第二次試験(大卒・高卒)

 

第二次試験は体力試験です。

種目は腕立て伏せ、上体お越し、反復横跳び、シャトルランになります。

シャトルランは90回までやります。

 

警察官採用第三次試験(大卒・高卒)

 

最後は第三次試験の面接です。

面接は一人一人行いまして、圧迫面接や普通の会話等、人を見てどういう面接にするか選んでいると思います。

因みに僕は柔道をしていたこともあってただの会話で終わっていきましたww

気合があるかどうか見ているので元気を出して話せば合格できると思います。

 

あと気を付けていただきたいのが、面接前に書類が渡されまして、警察官は今までこんな仕事してきたんだよって感じで書いてあります。

面接の時にそれを読んでどう思ったのかという質問がされます。

僕が読んだのは震災での救助活動でたくさん住民を救ってきましたという内容でした。

 

 

試験を合格して思ったのが、第一次試験さえ通ればあとは簡単です。

体力試験は最低限の数をこなせば受かりますし、面接で落ちること等よっぽど変な発言があるか、家族に犯罪者がいるのが判明した場合だけだと思います。

 

なので注意するのは第一次試験だけです!!!

 

高卒で警察官になるメリット

 

【上司に可愛がられる】

右も左も分からない高卒の警察官は飲み込みも早いですし、部活をやっている人なら身体的、精神的にも理不尽なことがあってもついていくことができるので上司は「成長させてあげなきゃ」となります。

 

【高卒をしていきなり警察官としての勤務なので様々なスキルが身に付く】

警察官には上下関係の大切さ、被疑者、精神異常者の対応、クレーム対応、事件の取り扱い、掃除、勉強等と学ぶことがたくさんある環境での生活がいきなり求められるので急激に成長します。

成長している自分を見て楽しくもなってくるのです。

 

高卒で警察官になるまとめ

 

高卒で警察官になることができます。

試験自体も多いですが、第一次試験さえ受かればあとは気楽に試験をこなしていく感じで大丈夫です。

警察官採用試験は大卒、高卒と1年間に一回実施されておりますので、警察官に興味がある方はとりあえず第一次試験だけでも受けてみてもいいかもしれません。

 

受かればそのまま二次試験を受けることも可能ですし、やっぱりいいやってなれば二次試験を受けなくても問題ないです。

僕の同期にどれくらい勉強したのかを確認したら、全く勉強していないのに合格した人がいましたww

僕は勉強しましたけど!!

 

因みに警察官採用試験の勉強をしたいなら、今やっているか分からないですけど、大原簿記専門学校の夏期講習をおすすめします。

何故ならその夏期講習が無料だからです!!!!

警察官になりたい人は少しずつでも勉強を始めていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です