どうやったら警察が動いてくれるの!?警察が動く基準を徹底解説

Pocket

この記事で伝えたいこと

・現在の警察の対応基準

 

・被害届を提出すれば警察は動く!?

 

 

 

こんにちは!

わたりゅーです!

 

僕は6年間がっつり警察官をやってました!

その6年間で培った経験でどれくらいのことで警察って動くのか伝えます!

しかしこれはもしかしたらですよ??動いてくれる警察官とそうでない警察官がいる可能性もあるかもしれません。

 

何故なら時代の変化も進んで少しずつ対応する範囲が変わっていくかもしれないからです。

この点も踏まえて参考にしていたければと思います。

 

動くことのない警察官は昔の話

 

今の警察官はかなり働き者です!!

勿論僕もそうでしたが、届出や通報は必ず対応をして解決に導きます。

基本は現場臨場しますし、相談者に納得していただいています。

 

そしてなぜ動くことのない警察官は昔の話なのかと言いますと・・・昔は大したことのない相談は取り扱いする必要はない、どでかい事件だけを対応すればそれでいいって考えだったんです。

 

しかし、その大したことないと思っていた小さな相談が後に大きな事件へと繋がってしまうこと多数ありました。(最後の砦の警察官がまさか・・・って時代があったんです)

 

そこで警察はどんな小さな相談でもしっかり対応しなければと学んだのです!

そのおかげで犯罪件数が減ったのも事実です。

なので今の警察官はちゃんと対応しますんで信用してくださいww

 

警察が動く基準は通報、来所から始まる

 

まずは警察が動く基準は通報や来所から始まります。

例えば事件事故の発生した場合、もしくは発生するかもしれない状況だと110番通報をするといいです。

相談や困りごと、遺失物等の場合は最寄りの署に通報しましょう。

 

あとは警察官の案内に従って来所や手続きを進めます!

なんとなくの判断でいいんですが緊急性がある場合は110番通報、長期になりそうな事案は署への通報をすると円滑な対応が目指せますんで!!

 

被害届を提出すれば警察は動いてくれる

 

何かしらの被害を受けた場合はしっかりと被害届を提出しましょう。

被害届をしっかりと提出してね!!って僕がいう理由は、被害届を出すということはその被害を事件化するってことだからなんです!

つまりこの被害届こそが警察が動く基準になりまして事件捜査をしてくれます。

 

たまに気を付けていただきたいのが、

 

今後トラブルに発展する可能性や明らかな被害にあるにも関わらず、警察官の口からこれはこういう相談があったということで書類作っておきますんで!パトロールも強化しますし・・・

 

と被害届として受理しないまま、その現場を終わらせようとする警察官がいますのでご注意を!!!

これがごく一部でいるんですよ!!(47都道府県全てにいる可能性がありますので!)

まぁいわば被害届を作成して事件化したらやることが増えるのでそれが面倒くさいんでしょう。ww

 

でも警察官は地域住民に安心して生活してもらえるよう治安維持に務めなければなりません!!

相談者の方でしっかりと捜査をしてほしい場合は被害届を必ず提出すること!!!

 

警察が動く基準は結構相談者の人間性で決まったりする

 

相談者の方で

 

警察官は俺らの税金で生きてるんや

やから俺らに尽くして当たり前だしさっさと働け!!

 

と言われる方がおりまして、その場合は対応に差が出ることがあります。

やっぱり警察官も人間。相談者の性格も警察の動く基準になってきたりするんですね~~

 

なのでめちゃくちゃ警察アンチの方でもある程度「この良い人だなぁ」と思ってもらえたら良い対応してくれるかもしれません。

っていうのは、警察官って一般の社会人と比べて特殊な仕事です。

基本相手とするのが

 

犯罪者、違反者、被害者、精神障害者、同僚の警察官

 

でして、特に犯罪者や違反者になるとストレスをためている人が多いのが現状です。

 

そこでたまに良い人を相手にすると気分が良くなるんです!

そして良い印象で記憶に残りますのでそれが捜査のやる気に繋がります。

 

警察は証拠を提示すれば動く

 

やはり重要なのは証拠です!!!

勿論、警察官は届出や通報があれば対応しますし、被害届を提出すれば証拠を探します。

それプラスもし届出者や通報者の方で何かしらの証拠があればそれを基準に警察は動いてくれます。

 

例えばひき逃げ事故が発生した場合はその時に警察官は現場にいないことが多いので当事者が車のナンバーを全て覚えているとその事故早期解決しやすいですよね。

 

なので全て警察官に任せる考えは捨ててある程度自分で証拠を確認することもめっちゃ重要です!

 

因みに警察官の仕事内容の記事は下記です!

【警察官の仕事内容が気になる方へ!】元警察官の僕が経験した仕事内容

 

まとめ

 
警察法第2条第1項でもあるように、

 

警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締、その他公共の安全と秩序の維持に当ること持ってその責務とする。(これ警察学校で覚えさせられました!w)

 

となっており、これが基準として警察官は動くので

 

警察に言うのは心がひけるなぁ~~

 

と思っていた方はそれがとんでもないことなるかもなので交番でもいいですし気軽に連絡してください!

 

もし警察関係についてご質問があればお問い合わせから連絡していただれると幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です