仮想通貨投資では実際勝てないのか!?勝てない理由をお伝えします!

Pocket

 

 

 

仮想通貨投資で勝てない理由

Leunert / Pixabay

 

 

 

こんにちは!ファルコンです!

仮想通貨投資って「勝てない」「破産」というイメージですが、正直やり方次第ではかなり儲けられます。

それを分からずに投資をして失敗してしまう人がいます。

 

 

 

まず投資をするなら投資をする上でのマインド(精神面)を理解をする必要があります。

理由はそのマインドがないと損切りするからになるからです。

 

 

 

投資は価値が低いときに買って、価値が高くなれば売るという形が基本です。

他にも証拠金取引がありますが、仮想通貨は通貨として使えますし、これから更に広まっていくので現物取引で通貨をしっかり保有するのが一番安心です。

 

 

 

 

しかし現物取引は証拠金取引と違って即金性がない部分であります。

証拠金は空買い空売りとすぐに結果が出るのですが、現物取引はある程度の期間を見て価値が上がるのを待ち続けなければいけないのです。

 

 

それに価値が上がるまで待っている間に色々な問題が出てきます。

それは情報や規制です。

その情報とは仮想通貨の悪い情報が真実か嘘であれ、ネットやテレビ等で流れたりします。

 

 

例えば仮想通貨の一つであるリップルコインがある銀行との提携失敗したという情報が流れるとリップルコインを持っている投資家は不安な気持ちなります。

その不安が多数のリップラー(リップルコイン保有者)をリップルコインを売ってしまう原因です。

それによりリップルコインの価値が下がっていきます。

そして価値が下落方向へいくことに感化されて「リップルコインを売らないと損する」という心理が働いてしまう状態に陥るのです。

 

 

 

規制については、仮想通貨は広がっている段階でまだ参入者が少ないのが現状です。

今まででこれだけの広がりと機能性があるので国も禁止にすることはできないが、「国がコントロールができない」「詐欺被害が多い」「マネーロンダリングに悪用される」との問題で規制する法律を発案されたりします。

 

 

 

仮想通貨投資で勝てない理由(精神面)の構築方法

RobinHiggins / Pixabay

 

 

 

仮想通貨を保有する以上長期間の持っておくべきです。

ずっと保有できるか不安でしたら期間を決めることをおすすめします。

勝てない理由は、売る期間をしっかり決めないと短期の利益にすがることになるからです。

 

 

この短期の利益にこだわらないためにも精神面を構築する必要があります。

まず短期で買い売りすることにはデメリットがあります。

それは買い売りするたびに「取引手数料がかかる」「エントリーポイントが難しい」等のデメリットがあるのです。

だから長期で保有しておけば問題はないのです。

 

 

 

仮想通貨で勝てないのは嘘!?通貨として普及するまでチャンスであるのが理由

geralt / Pixabay

 

 

 

仮想通貨で「勝てない」「大損」等と言われていますが、仮想通貨が通貨として使われるまではまだまだ稼ぐことができます。

理由として一番はまだ仮想通貨業界の参入者が少ないことです。

逆に参入者が多くなってくると保有者が増えるので乱高下がなくなります。

 

 

それは為替のような感じと解釈してもらっても大丈夫です。

為替も時々乱高下が激しいときはありますが、基本は安定していますよね。

これが世界的に周知されれば同じ現象になり安定していくといわれています。

 

 

だからこれを投資時期と捉えるべきです。

価値はあまり気にすることはありませんが、下落した時にエントリーして利益を出すまでガチホしましょう。

 

 

 

今仮想通貨投資で勝てないとは思わないことです。口座開設だけでもしておきましょう

WorldSpectrum / Pixabay

 

 

 

これまで仮想通貨投資では勝てないのかとの記事を書きましたがまだまだ勝てます。

なぜなら今後仮想通貨は通貨として使われるのが理由です。

そうなれば仮想通貨はなくてはならないものになります。

 

 

将来性のあるコインを保有しておくことです。

口座開設をしておきましょう!

 

ビットフライヤー取引所


GMOコイン販売所



ZAIF取引所


口座開設方法は下記にてありますので参考にしてください。

ビットフライヤー口座開設方法。口座開設方法を徹底解説

 

GMOコイン口座開設方法。GMO口座開設方法を徹底解説します。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です