今後日本の仮想通貨を規制する法律ってあるの?法律施行前の対応策

Pocket

 

 

 

今後の仮想通貨の規制法律問題

stevepb / Pixabay

 

 

 

こんにちわ!

ファルコンです!

 

 

今回は仮想通貨を規制する法律やなぜ規制する法律で下落するのかを記事にしていきます。

 

 

 

日本は仮想通貨の規制問題についてはとても寛大であります。

しかし今後仮想通貨を規制する法律が施行されるかもしれません。

なぜなら中国や韓国等でICO(上場されていない仮想通貨)の規制と法律ができているからです。

 

 

 

ICOを規制する原因は主に中央集権がコントロールできないことと、詐欺コインが出て被害が多発していることになります。

 

 

 

中央集権がコントロールできないことについては仮想通貨が更に普及するに際し、銀行等の金融機関が介在しなくなることで国がお金をコントロールできなくなることが脅威と考えたのでしょう。

 

 

 

詐欺コインが出て被害が多発しているのは、仮想通貨が広まることによってその流行に乗っかろうと悪いことを考える人がいることからきます。

 

 

 

その詐欺とは高額コミュニティに加入させる手法と爆上げ間違いないとICOを購入させる手法があります。

儲け話を切り出されるのでそれで騙される人が多い状況なのです。

 

 

 

仮想通貨の規制する法律で実際に通貨の価値が下がるのか

MichaelWuensch / Pixabay

 

 

 

実際に日本で仮想通貨を規制する法律が施行されたら通貨の価値が下がるのかについてお話します。

 

 

仮想通貨が規制されることによって仮想通貨を保有している投資家は通貨の価値が下がるのではないのか?結構売られるかもしれないと不安な気持ちになります。

 

 

 

この不安が仮想通貨売却の原因になったりします。

このような情報で価値が下がってしまうのです。

 

 

逆に仮想通貨の朗報例えば、有名コインが大手企業と提携する情報があった場合は期待上がるかもしれないと暴騰することもあります。

 

 

 

仮想通貨の基本はガチホだが規制する法律の開始を知った場合どうするか

morzaszum / Pixabay

 

 

 

仮想通貨を規制する法律を気にするのは日本だけではありません。

海外の規制する法律情報も詳しく知っておくべきです。

前記で話した中国、韓国のICOを規制する法律で全てのコインが暴落したりします。

 

 

 

仮想通貨の鉄則は勝つことなので勝つまでガチホすることですが、もし暴落が不安なのでしたら海外の仮想通貨情報も調べてみるといいです。

 

 

 

私のこれまでの経験だと仮想通貨の規制する法律が施行されたときは暴落傾向にあります。

基本気にしないことですが、そこで一度通貨を売却するのも悪くはないです。

 

 

 

仮想通貨を規制する法律まとめ

ddalki3003 / Pixabay

 

 

 

仮想通貨を規制する法律や情報を気にするのもいいですが、情報に敏感になりすぎるとあらゆるマイナスな情報で損切りをしてしまいます。

 

日本、世界中で仮想通貨どんどん広まり続けますので情報が増えていきます。

 

しっかり情報を見極めて買い売りをしていきましょう。

 

ビットフライヤーの口座開設はこちら⇓⇓⇓⇓

 

 

 

ザイフ取引所口座開設はこちら⇓⇓⇓⇓

 

 

GMOコイン販売所口座開設はこちら⇓⇓⇓⇓



 

ビットフライヤーとGMOコインの口座開設方法を分かりやすく書いてある記事を参考にしてください⇓⇓⇓⇓

 

ビットフライヤー口座開設方法。口座開設方法を徹底解説

GMOコイン口座開設方法。GMO口座開設方法を徹底解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です