仮想通貨って将来なくなるの!?今後の仮想通貨の動き

Pocket

 

 

 

仮想通貨がなくなる動きがあるのか?

Shane_the_weird / Pixabay

 

 

 

こんにちは!ファルコンです!

仮想通貨のイメージが株やFXに似ていて「ギャンブルだ!!」「勝てるか負けるか運次第」と言われています。

そして不正アクセス被害等の問題で世界中で多発している現状です。

それもあり仮想通貨今後なくなる可能性が高いと考えている人も多いでしょう。

 

 

確かに仮想通貨を購入しておくことによって絶対に価値が上昇することや生き残るというのは絶対とは言い切れません。

しかし有名な仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、ビットコインキャッシュ等)は全て最初は驚くほどに低い価格から販売しています。

 

 

挙げるとビットコインは0.7円で1ビットコインを購入することができた時代もあります。

つまり仮想通貨の将来性が期待されているので他のコインもかなり上昇しているのです。

現在は1500種類以上のコインやトークンが存在している現状です。

 

 

今は仮想通貨のなくなることはありませんが、今後の動きをみていかなければなりません。

 

 

 

仮想通貨がなくなることがないのはその機能性にある

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

 

それでは仮想通貨がなくなる可能性が低い理由についてです。

まず仮想通貨がなくなる=不便であります。

なぜかというと仮想通貨には様々な機能性があるということです。

 

 

その機能性とは「国際送金が安くて迅速」「24時間365日取引が可能」「通貨改ざん防止機能」「持ち運び」があります。

 

国際送金が安いというのは日本では口座情報があり、ある程度手数料を支払えば全国どこでも送金可能です。

しかしアメリカでさえ国内での送金手数料は3000円以上かかったりすることはざらにあります。

これを仮想通貨ではほぼ無料で送金が可能です。

 

 

そして通貨改ざんの防止はブロックチェーン技術により分散型ネットワークでのデータを保管するので一つの取引データを改ざんしても他のデータが改ざんされていないことからその改ざんしたデータは適用されないメリットがあります。

 

 

このような機能性が備わっているためビジネスやプライベートでも便利なのです。

 

 

 

仮想通貨はお金の最終形態となる可能性が高いのでなくなることはない

geralt / Pixabay

 

 

 

仮想通貨はなくなることはないと話しました!

そして仮想通貨はその機能性からお金の最終形態とも言われております。

まだ「怪しい」「危険」だと思われていますが、そう思う前に一度その機能性を知っておくだけでも認識が変わります。

更に世の中に影響を与えていくので今後の動きを見ていく必要があるのです。

 

 

仮想通貨が基軸通貨となればお金が現金である概念がお金=仮想のものとなる時代がきてもおかしくありません。

今は取引所のセキュリティの甘さや詐欺コインが増えすぎて被害が多発していること、まだ参入者が少ないことで価値の乱高下が激しいことの理由で信用性がされていない状況です。

 

 

仮想通貨はまだまだ研究、対策など行われているので仮想通貨のデメリットが更に解消されていきます。

このデメリットが解消されれば世間からの仮想通貨に対する印象が良い方向に変わっていくでしょう!

 

 

 

まとめ

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

 

仮想通貨が今後なくなるのかどうなのか理解していただけたと思います。

絶対になくならないとは言い切れませんが、素晴らしい機能性があるので可能性はかなりあります。

可能性があるということは価値が上昇するといいますので今の内に購入しておくことおすすめします。

口座開設だけでもして準備だけでもしておきましょう!




口座開設方法の記事もありますので参考にしてください

ビットフライヤー口座開設方法。口座開設方法を徹底解説

 

GMOコイン口座開設方法。GMO口座開設方法を徹底解説します。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です